カテゴリ:たび( 33 )

八ヶ岳~軽井沢まで

f0055150_1942109.jpg

2年ぶりに行ってきました。



f0055150_19511651.jpg

まずは、旦那リサーチによるランチから。
天井高の広い空間の中に、暖炉がお出迎え。
理想的な冬模様。

お皿からはみ出るくらいボリュームある一皿には、温泉卵やたっぷりサラダとの盛り付けなど、ヒントがいっぱい。
特に、燻製香る厚切りベーコンは外せません。

焼きマシュマロもサービスで、暖炉で炙ったマシュマロ、初めていただきました。
バーベキューでの定番のようですが、マシュマロが苦手なわが家では未経験のこと。
噛んだ瞬間、とろ~としてるんですね!
予想外の食感に、旅早々の驚きでした。


f0055150_195397.jpg

ホテル初日、スケートにプールにと満喫し、楽しみにしていたディナーを頂きながら、明日からのスケジュールを語り合うのでした。



f0055150_19094.jpg

今回の旅の目的は、スキー教室。
こどもたちにとっては、初めてのスキーでした。
昨年まではそり遊びだったものね。

息子は、目覚め早々にティッシュで目頭を押さえるほどの不安いっぱいでの挑戦。
本当はホテルでのんびりとしているつもりでしたが、やはりカメラに収めておきたいとの想いで、スキー場まで足を運ぶことに。

楽しそうな笑顔でレッスンを受ける姿、予想していたとおりでした!
午後からも急遽予定変更して、家族でスキー遊び。
10年ぶりくらいのスキーは相変わらず進歩なしでしたが、ちょっと楽しさが味わえた気がして、来年再チャレンジしてみたいです。


f0055150_110338.jpg

2日目のランチも、旦那おすすめのお店へ。
ここでも暖炉がお出迎えしてくれました。
ピザ釜もあって、より一層期待が膨らむばかり。

運ばれてきた瞬間、他とは違うと確信。
いつもの白い生地ではなく、ほんのり茶色。。。
モチモチしてて好みの薄さ加減。
トッピングの量もほどよく、言うことなし。
パスタも、しっかりとソースが絡んで美味しい!


f0055150_19445126.jpg

3日間、眩しいほどの太陽を浴び、とても良いお天気に恵まれました。
翌日、まさかまさかの大雪になるなんて!
一日ずれていたら、きっと今頃・・・なんて考えると怖いくらい。


f0055150_19552522.jpg

旅のお楽しみ。
それは、翌日にも続きます。

最終日に行った軽井沢でも、美味しいお店に出会えたのです。
パン好きの私のために、話題のパン屋さんをリサーチしてくれていたようです。

目立たないお店だけど、とてもセンス溢れる場所でした。
旅の翌朝の食卓には、そちらのパンはもちろん、地元のスーパーで買い込んだジュースにジャムなどが並び、いつもとちょっと違う食材に心もほっこりとなって旅の余韻に浸る。。。な~んていいですよね♪
[PR]
by risamomo | 2013-01-14 23:00 | たび

KAGOSHIMA 2012の夏

新幹線から降り立ったホームは先日降り積もった火山灰が風に舞い、当たり前のように生活していたことが嘘のように思えて仕方なく、あの頃が遠い遠い過去のことになってしまったことに寂しさも覚え・・・

毎年、父に頼りきってしまっている自由研究のネタ。
今年もたくさん用意してくれており、こどもも今日は何を教えてくれるのだろうと楽しみの毎日でした。


同じ歳のいとこからはたくさんの刺激を受け、初めての浴衣も着せてもらいました。
一緒に行ったお祭りの日は、夜遅くまで一緒に遊び、こどもたちの成長を実感した一日に。


f0055150_100183.jpg



しばし家事から解放されるここでの生活は、子育ても手伝ってもらえてのんびり出来る自分へのご褒美的なものでした。
今年は珍しく、すっきりとしないもやもやとした複雑な気持ちを持ち帰ってきてしまったようです。
家事以外の何か。。。
見つけていきたいな。
[PR]
by risamomo | 2012-08-11 23:00 | たび

NAGASAKI 2012の夏

今年の帰省は、夏休み初日からのスタートでした。
九州へ渡ったとたん、たくさんの蝉の大合唱。
一気に夏へとタイムスリップ!


翌日、五島へと渡るフェリーでは、赤く染まりゆく空模様にうっとりとしていたところにイルカや飛び魚たちのお出迎え。


f0055150_104293.jpg


海で遊んだり、収穫したてのお野菜を囲んでの食事。
潮風を感じながらの生活は、とても貴重な体験でした。
[PR]
by risamomo | 2012-07-25 23:00 | たび

たびの始まり

f0055150_7525148.jpg

[PR]
by risamomo | 2012-07-22 23:00 | たび

これが目的

今回の旅を栃木に決めた理由。
あの味が忘れられなくて・・・

「次はディナーを食べてみたいね」
と、二人の強い気持ちを叶えるために、遥々栃木まで。

f0055150_1617489.jpg

1ヶ月前からの予約。
お天気も味方してくれて、再び『クチーナ ハセガワ』さんへ。

一年前と同じ景色、ホッとする素敵なインテリア。
違うのは、巻きストーブが焚かれていなかったことくらい。

この日は、夕日が沈む頃からのお食事でした。


f0055150_15415693.jpg

私たちの想像が膨らんでいただけだったらどうしよう。。。
そんな予想を見事裏切ってくれたディナーでした。

前菜の盛り付けを見た瞬間、美味しさへの期待が確信へと。
目の前で生ハムをスライスしてくださるというもてなし。
大胆なくらい大きな木の器には、珍しい食材や組み合わせがあり、ただただ感心するばかり。

相変わらずパスタは美味しいし、お肉の美味しさはもちろん、熱々の焼きトマトの美味しさへの感動とよく出来た組み合わせに、驚きの連発でした。

どんな些細な質問にも、誠意を持ってきちんと答えてくださるという丁寧さ。

記念日のたびに利用したいお店、気軽に行けないのが残念です。
[PR]
by risamomo | 2012-04-30 00:01 | たび

今年も

f0055150_1539335.jpg

G.W.初日。
昨年に引き続き、益子&那須へと旅してきました。

至るところで見つけたこいのぼりたちも、五月晴れの中、とても気持ち良さそう。


f0055150_15392050.jpg

益子陶器市も1年ぶりです。
人気ある作家さんのところには、早朝から、お気に入りを手に入れようと行列が出来ていたらしいです。

わが家は、12年ぶりに夫婦茶碗を買い換えました。
何故か、私以外のお茶碗が欠けてしまっていたのです。
柄云々よりも、器の深さ、大きさに満足のいくものに出会えず、ようやく今回手に入れました。

初めて見る山野草たちにも出会えました。
珍しさと可憐な姿に惹かれるものの、育て上げる自信のなさのために、カメラに収めるだけ。


f0055150_1540725.jpg

牧場では、ヤギと羊への餌やりにチャレンジ。
逃げ惑うこどもたちの気持ちとは裏腹に、ヤギたちは容赦なく追いかけ回る!
親しくなるどころか、恐怖感が芽生えてしまったようです^^;

うさぎとの触れ合いでも、想像していたとおりにはいかなかったようす。
手の中から逃げようとするうさぎの動きに驚き、思わず落としてしまうことも・・・

生き物と触れ合う難しさ、分かってくれたかなー?


f0055150_15402447.jpg

今回の旅、こどもたちにも楽しんでもらえるといいな。。。
ということで、久しぶりの遊園地。

息子も、この春110cmを超えたことで乗れる乗り物が大幅に増え、帰る予定時刻を大幅にオーバー。
ジェットコースターマニアとしては、あと10cmの壁が大きく、2年後の春にはほとんどの乗り物で遊べそうです。

栃木の桜は今が本番!
なんだか、春を2回楽しめ、得した気分の旅でした。
[PR]
by risamomo | 2012-04-30 00:00 | たび

KAGOSHIMA 2011の夏 

数年ぶりに、主人も私の故郷へとやってきました。
こどもたちを預け、ここ数年間の変化を楽しむべく街へと出向き、あちらこちらとキョロキョロしながら思い出話に盛り上がり、思いがけないデートを楽しむこともできました。

こういうときは、やっぱり懐かしい味を求めてしまうのですね。
選らんだお店は、初めて主人が私を義父母へ紹介してくれたお店。(場所は違うけど。)
あえて選んだカウンター席では、10数年前と同じく揚げたての天ぷらを味わいつつ、同じカウンター席に並ぶ若いカップルの姿に当時の私たちの姿を重ね、あの頃は少し背伸びして味わった天ぷらも、今となってはじっくりと吟味して味わえるようになっていたことに、歳の重みを考えてしまったりもして^^;




f0055150_21272651.jpg

両親も、久しぶりに会う孫のためにとあれこれ企画してくれていたようで、盛りだくさんのイベント続きでした。
こういうときのこどもたちの目って、いつになく輝きが増しているかんじです。
心が満たされているときって、ただの公園遊びでも生き生きと楽しそうにしてるんですね。



f0055150_2128385.jpg

昨年は会えなかった祖父とも会えることができました。
こどもの成長ぶりも早いけど、高齢となっての衰えぶりも早いと感じた今回の再会。
私へ掛けてくれた「元気でな!」との力強い言葉。
「おじいちゃんも・・・」と言い返したかったけど、言葉が喉に詰まって何も言えず、ただうなずくのが精一杯。
来年の夏こそは、私から言わなきゃね。。。
[PR]
by risamomo | 2011-08-14 00:00 | たび

NAGASAKI 2011の夏

電車、リムジンバス、飛行機との乗り継ぎ乗り継ぎでやっと着き、いよいよスタートした帰省旅。
自転車・車以外に乗るのが久しぶりの息子は、どれに乗ってもニコニコで御満悦^^
疲れ知らずの一日でした。

f0055150_16253290.jpg



いつもの4人家族が、この日ばかりは一気に大所帯に仲間入り。
こどもたちの大好物メニューが並び、少食なわが子たちも、“どこの妊婦さん?”と見間違えるほどの大きなお腹に。

f0055150_1626963.jpg

五島列島に渡り、今年も溢れんばかりの大自然に触れてきました。
お決まりの海では、遊泳&ミナ採りの予定が、おじいちゃん直伝のカニ捕りにハマり、家族総出でカニ漁体験となりました。
(注:下画像にあるカニではなく、拳くらいの大きさの立派なカニです^^)
膝まで海に浸かり、足の裏で抑え込み!
そーっと手で掴み捕ること10数匹!!(ほとんどはおじいちゃんのおかげ~)

自前のminiスイカでスイカ割りをして、水分補給も完了。



f0055150_1626208.jpg

義母の早目のお誕生日お祝いの帰り、ひと際目に付く鬼岳で涼むことに。
都会とは明るさの数が違うけど、ポツポツと明かりのついた市街地を望み、しばし癒され。
離れた小さな孤島にも僅かな明かりを見つけ、そういう生活もあることを知り、いろんな人生があるんだなって妙に感心してしまったりもして。。。



f0055150_16263335.jpg

肌に突き刺す日差しの中では、公園で遊ぶこどもたちの姿を目にすることもなく、わが子たちもプールで流されて、まるで親子カメと怪しいイルカのよう^^;


思いっきり楽しんだ後は、次の地へと向かいます。
[PR]
by risamomo | 2011-08-04 23:00 | たび

富士山の麓で

来年はキャンプに行こう!
そう思い、今年の夏は真っ先にキャンプの手配をしたのです。
手始めに・・・と主人がセレクトしたのが、ここ富士山の麓でした。

f0055150_15172247.jpg



地上は快晴でも山の天気は変わりやすく、目指した場所は激しい濃霧に包まれていました。
野生のシカが出迎えてくれ、様々な鳥たちの鳴き声に囲まれて、一気に異空間へやってきた気分。

f0055150_15134639.jpg



ときどき霧の抜け間から辺りが見渡せただけで、案内図だけを頼りにほとんど手探り状態で敷地内を探検。
ボート乗り、竹馬遊び、おたまじゃくし取り、カエルとの出会い・・・
昔の記憶を思い起こしながらの竹とんぼ作り。
小さい頃に身近にあって、ちっとも珍しくなんてなかったことなのに、大人になったからなのか、それとも時代が変わってしまったのか。。。
昔へタイムスリップしてしまったかのように、懐かしさ満載のキャンプとなりました。

f0055150_15173385.jpg

翌朝は、昨日のベールに包まれていた自然溢れる景色が蘇り、富士山ともご対面。
頂上付近にある分厚い雲の層。
あれは、風に乗って、山頂付近をグルグルと廻り続けているんです。
下界とは違う特別なものを感じさせ、まるで、近寄ってはいけないよなんて教えているかのよう。
『ラピュタの城』、久しぶりに観てみたくなりました。
[PR]
by risamomo | 2011-06-25 23:00 | たび

益子・那須の旅

f0055150_11104136.jpg

今年のG.W.は、直前まで行き先を変更しようかと悩んだけれど、いつかは・・・と思っていた地、那須へと行って来ました。
最近このあたりの地図を目にすることが多く、意外に東北寄りだったことを知りました^^;

4月も終わりなのに、ちらほらと桜が咲いていたりして、まだまだ冬の気配が残っているようす。
新緑もまだこれからなのでしょうね。
(写真↑、娘が勝手に撮っていたのを拝借。私より腕が良かったりして!?)




f0055150_11115339.jpg

初めての東北道では、いろんなものに出会えました。
栃木のあたりでは、地震によって瓦が被害を受けたのか、ブルーシートを被った家がたくさん見受けられました。

『災害派遣』というプレートを掲げた自衛隊の車・・・。
助手席に座っている時間は、普段読みきれていない本(というか、雑誌や料理本だらけですけど)をバッグいっぱい詰め込んでの読書タイム。
今回は、久しぶりの旅行に浮きだった気持ちも、未だに避難所生活を強いられている方たちの姿が目に浮かび、しばし空想にふける時間もあったり。



f0055150_1112591.jpg

一番の目的は、春の益子陶器市。
先日の震災で被害が出たようだけど、無事に開催されることとなったみたいです。
新婚時に、有田陶器市で購入した源右衛門のお揃いの飯椀。
私のミスで主人の器が少し欠けてしまい、食卓に並べて見ても、お揃いなのにどこか不自然。
それに代わる素敵なものに出会えたらいいね、と期待していたものの、それ以上のものには出会えませんでした。
やはり、それに勝るものに出会えるまでは、その欠けた器を使い続けたいそうで。。。
こういうところが、意外と九州男児^^。

お持ち帰りしたい器がちらほら目に付いたけど、こういうときこそ冷静に!
自分の作るお料理を思い浮かべ、よ~くよ~く考えて(収納場所もね)からの決断を。

井上塁さんのテントで足を止め、花器と長皿を購入。


f0055150_11121762.jpg

外国人の陶芸家(しかも女性!)モリス・ゾイさんの作品が並ぶ一角だけ、どこかの美術館へ来てしまったのだろうかと勘違いしてしまいそうなほど、素敵な空間でした。
器の姿・形や色、どれをとっても目が釘付けになってしまいそうに素敵。

陶器市にしては高価なものだったけど、我が家に飾っておきたいという気持ちが一致し、ラインの綺麗なこちらをお持ち帰り。



f0055150_1112363.jpg

二日目には、りんどう湖へ行ってみるものの、天気予報が大外れ!
寒くて寒くて、ほんの僅かの滞在時間で出てきてしまいました。
でも、その後の予定がびっちり詰まっていたので、結果的には良かったのかなー。



f0055150_11124759.jpg

雑誌で気になっていたイタリアン、『クチーナ ハセガワ』でのランチ。
我が家にあるものたちも随所随所で見受けられ、北欧のインテリアに囲まれながらのどかな風景を目の前にして、薪の暖炉に癒され、これまた美味しいお料理に舌鼓を打ち。。。
こういうのんびりとした生活もいいなぁ~なんて思ってみたりもして。
たまに味わうからその良さが引き立つのかもしれないですけどね。



f0055150_11125979.jpg

那須=SHOZO CAFE。
昔のバイト先で、九州出身の私にはついていけない話題でした。
その頃から、いつか行ってみたいと思い続けていました。
今回の旅で、ようやくその想いが叶うことに。

カフェに否定的なうちの主人。
きっと、遠い地だから付き合ってくれたのでしょう。
まぁ、それはよしとして・・・

店内は、どこか懐かしさを思わせるような雰囲気。
満腹気味のお腹にはコーヒーしか受け入れられず、主人のチーズケーキを一口つまみ、焼き菓子をテイクアウトすることに。
何か特別なものは必要なく、当たり前のことを極めている、そんな場所だと思いました。
“妥協”、なるべく頼りたくない言葉にしよう。



f0055150_11131763.jpg

旅が終わってからも続く楽しみの度合い。
それは、美味しいものにどれだけ巡り合えたかによるところが大きいかも。
道の駅では、その土地ならではの珍しい食材に出会える可能性大!
しかも、お安くね^^
今回は、蕨やのびるなどを持ち帰り、天ぷらにして旬の味を堪能。
あと、SHOZOで味わえなかったスコーンは、温め直して朝食風に再現。
中はふんわりしててやさしい甘さ。
それはそれは、初めて味わうタイプのスコーンでした。

ハセガワのふきのとうとトマトのパスタ、二人の記憶を辿って真似てみるも、やはりどこかが違う。
たっぷりたっぷりの粉チーズ、次回の課題といたしましょう。
こういう真似っこも、旅のあとの楽しみなんです。
[PR]
by risamomo | 2011-05-02 00:00 | たび

risaといいます。毎日の生活で書き留めておきたいことを綴っています。


by risamomo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31